開催中止
生徒募集中

テイプスクール 3期2020年2月~2020年7月(6ヶ月)

申込締切:2020年3月3日(火)

テーマまちの魅力を活かした
旅をつくる

日常の「まち」が、誰かの「旅」になる

「東京の多摩エリア」は都心に働く人が多く住む郊外住宅地であり、豊かな緑や河川、自然の中に「住宅」「商店街」「空家」「ゲストハウス」「公園」「畑」など、普段は気づかない「まちの魅力」がたくさんあります。
遠くのまちや特別な場所に、お金をかけて訪れるのでなく、日常の中に旅が混ざり合い、それぞれのライフスタイルに合わせて楽しむことができる「多摩の魅力を活かした日常の旅」ができるのではないでしょうか。
まちの資源を発掘して発信していく方法や、人が集まる地域や仕組み。
まちを編集する力。編集・発信・集客のコツなどを学ぶ6ヶ月です。
それぞれの立場で、考えたいこと・やりたいこと・関わりたいことを持ち寄ってみませんか?

講座
講座
フィールドワーク
フィールドワーク
グループワーク
グループワーク
発表
発表

参加して
欲しい人

TeiP SchooL テイプスクール 3期 2020年2月29日(土) ~ 7月4日(土) 6ヶ月 

DAY02月29日(土)会場:たましんWinセンター(立川市曙町2-8-18 東京建物ファーレ立川1F)

  • 13:30〜15:30
    公開オリエンテーションスペシャルトーク「まちの日常を価値にする」(川口 瞬)

DAY13月14日(土) 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市南大沢1-1)

  • 10:00-12:00
    講座01多摩エリアのまちの魅力を俯瞰する(川原 晋)
  • 13:30 -15:30
    講座02行政が仕掛ける地域の「旅」(羽生謙五/津崎政人)

DAY23月28日(土) D-LAND(国分寺市南町3-22-31 島崎ビル3F)

  • 13:00-16:00
    個人ワーク

DAY34月11日(土) 深大寺いずみや(調布市深大寺元町 2-33-5)

  • 13:30 -15:30
    フィールドワーク01まちを見聞きし、体感する@深大寺(薩川良弥)

DAY44月25日(土) 百才(東村山市久米川町4-46-1)

  • 10:00-12:00
    講座03「まち」と「旅」をつなぐ企画とデザイン(ハチコク社)
  • 13:30 -15:30
    講座04産地を動かし、人が集う(新山直広)

DAY55月9日(土) D-LAND(国分寺市南町3-22-31 島崎ビル3F)

  • 10:00-12:00
    グループワーク① リサーチ

DAY65月23日(土) 小田原

  • 13:30 -15:30
    フィールドワーク02まちを見聞きし、体感する@小田原(山居是文)

DAY75月30日(土) 武蔵野プレイス(武蔵野市境南町2-3-18)

  • 10:00-12:00
    グループワーク② 分析・課題設定

DAY86月6日(土) 武蔵野プレイス(武蔵野市境南町2-3-18)

  • 10:00-12:00
    グループワーク③ アイデア

DAY96月13日(土) D-LAND(国分寺市南町3-22-31 島崎ビル3F)

  • 10:00-12:00
    レクチャーこれからの仕事を多摩でつくる(小崎奈央子/三島雄介)
  • 13:30 -15:30
    グループワーク④ 事業計画

DAY106月20日(土) D-LAND(国分寺市南町3-22-31 島崎ビル3F)

  • 10:00-12:00
    グループワーク⑤ クリエイティブ

7月4日(土) 武蔵野プレイス(武蔵野市境南町2-3-18)

  • 10:00-12:00
    卒業発表

募集概要

開校期間
3期 2020年2月29(土)~2020年7月4日(土) 6ヶ月
開催場所
立川、国分寺、武蔵境、東村山など、多摩エリアの民間施設・行政施設
募集定員
24名
応募資格
TeiP SchooLの趣旨を理解し、カリキュラムに積極的に参加し、主体的に課題に取り組む意思があること。
参加費
39,600円(税込)※補助金を活用した金額です。 ご入金いただいた参加費につきましては、ご欠席の場合等、いかなる事由においてもご返金ができませんので、予めご了承下さい。お支払い時期・方法につきましては、個別にメールにてご案内いたします。振込手数料につきましては、ご負担いただきますようお願いいたします。お支払いいただけない場合は、受講がキャンセルとなる場合がありますのでご注意下さい。
申込方法
応募フォームまたは、メールで下記の項目内容を記入の上、お申込みください。
1. 氏名 / 2. ふりがな / 3. 所属、または肩書き / 4. 年齢 / 5. 住所(市区町村まで) / 6. 携帯番号 / 7. メールアドレス / 8. プロフィール(150文字程度) / 9. 参加動機(150文字程度) / 10. 興味のあるエリア
申込締切
2020年3月3日(火)
※申込み締切後に書類選考のうえ、事務局よりメールにてご連絡いたします。

PROFILE

川口 瞬

公開オリエンテーション川口 瞬

真鶴出版代表

1987年山口県生まれ。大学在学中にSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSでインターン。IT企業に勤めながらインディペンデントマガジン『WYP』を発行し“働く”をテーマにインド、日本、デンマークの若者を取材。2015年神奈川県真鶴町移住。「泊まれる出版社」真鶴出版を立上げ、地域の情報を発信する。

川原 晋

講座01川原 晋

首都大学東京 都市環境学部 観光科学科 教授

地域の環境や生活の改善運動である「まちづくり」と、地域資源を活用して地域の経済活動や生き甲斐を生む手段としての「観光」を一緒に考える、「観光まちづくり」に取り組む。専門・研究分野は都市・地域デザイン、観光まちづくり、観光地マネジメント。

羽生 謙五

講座02羽生 謙五

東京都市長会事務局企画政策室長

1972年東京都生まれ。1995年東海大学政治経済学部政治学科卒業後、町田市に就職。未来づくり研究所副所長を経て2019年より現職。多摩地域の広域連携、観光振興などを側面支援。ライフワークとして、多摩30市町村を訪ね歩き、西多摩郡日の出町では地域文化を記録と記憶に残す活動中。おうし座、左利き。

津﨑 政人

講座 02津﨑 政人

立川市産業文化スポーツ部 産業観光課観光振興係長

2005年度立川市役所に入庁。2012年度に多摩信用金庫へ出向を経験。その後、人材育成や組織開発に携わり、業務基準書、女性活躍推進プログラム(RRT)等を導入後、障害福祉課でケースワーカーに従事。2019年4月より現職。立川市有志の自主勉強会「Flat Placeたまにわ」を主宰。

薩川 良弥

フィールドワーク01薩川 良弥

合同会社パッチワークス代表
空き家を“スナックする”会主宰

コワーキングスペースの運営や、不動産活用事業に関わった後、「空き店舗の魅力を生かすこと」をテーマに掲げ、期間限定ショップを開くことによる価値を生み出す活動を行なっている。合同会社パッチワークスとして、野外映画上映イベント・ ねぶくろシネマなど多数のイベントも主催。

ハチコク社(仲幸蔵・福田忍)

講座03ハチコク社(仲幸蔵・福田忍)

企画編集者の仲幸蔵、グラフィックデザイナーの福田忍による制作会社。2017年に法人化。多摩観光推進協議会発行の「Another Tokyo TAMA」の多摩の鳥瞰マップや図鑑カードの制作など、多摩内外で活動を広げる。2019年、東村山の古民家を改装した文化複合施設「百才[ももとせ]」をオープン。

新山 直広

講座04新山 直広

TSUGI代表/デザインディレクター

1985年大阪府生まれ。京都精華大学デザイン学科建築分野卒業。2009年福井県鯖江市移住。鯖江市役所を経て2015年TSUGI llc.設立。インタウンデザイナーとして地場産業のブランディング、自社ブランド「sur」、産業観光イベント「RENEW」、小さな複合施設「TOURISTORE」等、領域を横断しながら産地づくりを行う。

山居 是文

フィールドワーク02山居 是文

株式会社旧三福不動産 共同代表

1978年小田原生まれ。東京農工大学農学部卒業。元小田原市職員。2012年より空き店舗をリノベーションしたシェアスペース「旧三福」を運営。2015年にチャレンジしやすい物件を提供する旧三福不動産を設立。物件仲介、プロデュースなどをしつつ、ごきげんな起業・移住を増やすのが仕事。

小崎 奈央子

レクチャー小崎 奈央子

株式会社けやき出版 代表取締役
TeiP代表事業者

1978年国立市生まれ。立川のけやき出版にて書籍編集者、地域情報誌たまら・び編集長を経て2015年に4代目代表取締役社長に就任。2018年より東京都の「インキュベーションHUB推進プロジェクト」に採択され、多摩エリアのクリエイターを中心とした創業支援の連携体「TeiP」を立ち上げる。

三島 雄介

レクチャー三島 雄介

多摩信用金庫

2007年多摩信用金庫入庫。営業を経て、2014年価値創造事業部配属。創業支援センターTAMAインキュベーションマネージャーとして日野市・多摩市・国分寺市等で相談員を勤め、2017年小金井市企画政策課出向。2018年より価値創造事業部で自治体・事業者等と連携し地域課題に取組んでいる。